【失敗したくないベッド選び】ベッド選びで迷っている方に役立つベッドお役立ち情報!

ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方!

最適なベッド選び!
おすすめのベッドに出会えるヒントがココにある!

ロフトベッド 階段付メリット

https://bed-blog.kaguii.net

ベッドブログロゴ

◎ロフトベッド おすすめベッド

ロフトベッド階段付おすすめ!最適・メリット・使い勝手を解説!

ロフトベッドのメリット・使い勝手を解説!おすすめはロフトベッド階段付!揺れが不安な方、お子様、女性に最適なロフトベッドです。メリットや使い勝手を知ってロフトベッド階段付き選びに役立ててください。

ロフトベッド階段付きの「メリット一覧」こんな時に最適!

●狭い部屋やワンルームの部屋を今まで以上に有効に使えます。布団を敷いていた場合は単純に考えて、その面積が2倍になります。
●家具とベッドを1か所にまとめることができます。足の踏み場もなかった場所に動線が確保されます。
●荷物が多い方にも最適!ベッド下を収納専用に使うこともできます。
●ハンガーパイプ付きで洋服を吊るせます。すぐに着れる。お洒落に見せながら収納もできる。
●カーテンを使えばプライベートスペースがうまれます。
●ハイタイプの場合は急な来客があっても布団が高い位置にあり見えにくくなります。
●布団が湿気にくい。ベッド下を掃除がしやすい。
●高さを選ぶことができます。収納専用に使ったり、作業スペースにしたり。。。
●階段付であれば安全に昇り降りができます。

【さらに!階段付のロフトベッドのメリット】

●はしごに比べて踏み外したり転落の可能性が減る
●手すりがついて安全性がアップ
●昇り降りが格段に楽になる。子供にもおすすめ
●階段部分の骨組みが増えるのでロフトベッドの安定性が増す
●ちょっとしたサイドテーブル、腰かけにもなる
●各階段下は収納スペースとして利用できる
●各階段下をお洒落なディスプレイとして使用できる

ロフトベッド階段付なら安全性と利便性が向上します!そして部屋が広く使えます!

部屋が狭いせいで、ベッドを置けないという方っていますよね。
毎日布団の上げ下げをするのは面倒くさいものですが、スペース確保のためにはそれも仕方ないのでしょう。しかしそんな面倒から開放されたいと思うのでしたら、やはりロフトベッドを購入するのが一番です。
メリットを挙げると、想像以上にベッド下が広く使えますす。例えば机やPC関連などの作業するためのものを全て収納しても広々と使えます。

便利な背の高いロフトベッド

自宅で仕事をする方なら机付きのロフトベッドを使ってベッド下の空間で落ち着いて作業も可能です。ロフトベッドの下は、作業や収納以外にもディスプレイとして色んな物を引っ掛けることもできます。
ハンガーパイプ付きであれば洗濯物を干すこともできますし、メモを貼るためのボードを下げておくこともできます。ベッド下にカーテンレールが付いたベッドであれば誰にも邪魔されないプライベート空間ができるので、家族が多い人やシェアルームにもおすすめです。

また、ロフトベッドには階段付があり、そのメリットとして、足を踏み外しにくいという点があります。従来のはしごタイプですと、暗闇の中で足を踏み外す恐れがあります。しかし階段であれば足を置くスペースも広く、手すりもあり安心して使用できるというわけですね。
階段付きのものでも、側面についているタイプもあれば前面についているタイプのものもあります。
お部屋の形状やスペースの兼ね合いなど考えて選んでみると良いでしょう。

階段付きは安定感安全性が高いロフトベッド

ロフトベッド階段付きの安全性

より安全性を重視したい方は支柱が増える側面備え付けタイプがおすすめ!ベッド下で作業をしたい方、物の出し入れの利便性を重視したい方にも側面に階段がついているものを選ぶと作業効率が上がると思います。

ロフトベッドのある生活のおすすめポイント・メリット・デメリット

ロフトベッドを使っていて良いと感じているのが生活感を隠せることです。独立した寝室でもあれば良いのですが、そうではないと生活スペースにベッドが食い込んできます。寝具が思い切り見えていると生活感が出ますし、人を呼んだ時にも見られてしまうのが気になります。スッキリとした空間で過ごしたい気持ちがありますから、そんなときにロフトベッドはそうした希望にマッチする存在です。特にハイタイプは布団が見えにくいのでおすすめ。
ついつい横になってしまうことがなくなったのもロフトベッドの良いところです。ベッドがあると寝そべりたい誘惑にかられますし、そのまま眠ってしまうこともあるものです。ですが高いところにあるとそうした怠け心にも負けにくくなりますから、つい横になるのは止めたいという人にオススメです。

studio

人気の高いロフトベッド【studio】

▲これだとソファで寝てしまうかも。。。

下のスペースを自由に使えるというのも使い勝手の面で良いと思っています。ベッドは邪魔になる存在でもあり、しかも広いスペースを取りますから困ることもあるものです。でも下にスペースが生まれるこのタイプですとデスクやソファーを置いたりすることもできますので、ワンルームで暮らす人にも良いと思います。デスク付きのロフトベッドはそんな人のために開発された利便性の良い商品です。
ただ100%使い勝手が良い存在なのかというと、そうとは言えないところもあります。ロフトベッドは、はしごや階段をどうしても昇る手間がありますから、疲れている時や眠たい時には面倒に思うことがあるのも事実です。また、夜中にトイレに行きたくなった時なんかは下りるのが面倒で億劫になってしまうこともあります。
しかしながら、今の多機能のロフトベッドは、それらのデメリットよりもそれを凌ぐメリットをおおく感じれると思います。

階段付きは快適で省スペースなロフトベッド

ベッドを購入するときに選ぶ基準は人それぞれですが、寝心地という面は特に重要な要素で、そういった面から選ぶというのもわかりますが、それ以外にも選ぶ基準というものがあります。ロフトベッドは寝心地以外の部分を快適にするベッドです!

ロフトベッドのメリットとしては部屋のスペースを有効活用できるというのが強みですから、通常のベッドよりも省スペースを意識したつくりになっていて、よりコンパクトで使い勝手の良い寝床スペースを確保できます。
通常のベッドだと手狭になり設置をあきらめていた家具でも、ロフトベッドなら空いたスペースに自分好みのチェストやソファなどの家具を色々と配置できるようになるため、お部屋の中をより彩りよくおしゃれなお部屋にすることも可能です。

ロフトベッドの便利さ

快適そう♪

ロフトベッド階段付などといった点も、使い勝手を考慮するなら外せない要素です。はしごは昇るのにある程度腕力が必要ですが、階段付なら必要ありません。手すりも付くため子供にも安心して使わすことができます。
しかも階段部分は収納やディスプレイなどにも利用でき高いインテリア要素も兼ね備えています。

ロフトベッドの有効活用方法としては、ベッドの下のスペースをどう使うかが重要な点になります。
ベッドの下のスペースに収納BOXや机を置くというのも工夫の一つですが、兄弟のいる家庭なら、更に通常のベッドを設置して、二階建てベッドとして利用するというのも良いでしょう。子供部屋に設置すれば、マイスペースが出来上がり子供たちも大喜び間違いなしです。

ロフトベッド階段付きの購入はネットショップがおすすめ

優れたロフトベッド階段付を探すのなら、ネットなどを活用することで安くて高機能な物を探す際に便利です。
実際店舗で販売を行っているショップよりもネット上のサイトで、随時オンライン注文を受け付けています。店舗に展示スペースや過剰在庫が必要ないので経費を安く抑えることができ、購入者に還元されやすい仕組みになっています。

※文中に価格・送料無料等の表記がある場合は執筆時のものです。必ず各ショップにて通販要領を確認ください。

ベッドブログロゴ



家族ベッドに連結ベッド!

親子3人が笑顔で寝れる最適ベッド

家族4人のベッド、親子3人のベッド、大きく広く寝るなら連結ベッドがおすすめです。2台のベッドを連結してつくるこのベッドは将来分割して使えることが大きな強みです。今買っておけば将来、長々と使っていけるベッドとなります。各家族のライフスタイルに寄り添って対応できるベッド。それが連結ベッドです。240サイズが人気です。

  • この記事を書いた人
アバター

家具・ベッド BLOG

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。ブログ内の各ページでは、ベッド選びのお役に立てるように分かりやすく画像も使いながら説明させていただいてますので、ぜひ活用ください。ベッド大好きなのですが、稀(まれ)に熱が入り過ぎて上手く表現できていなかったり、難しくなったりする部分もあります。そんな時は必要な部分だけお読みください(笑)☆みなさまが理想のベッドに出会えますように☆このブログがお役に立てれば幸いです!

-◎ロフトベッド, おすすめベッド

Copyright© ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方! , 2019 All Rights Reserved.