【失敗したくないベッド選び】ベッド選びで迷っている方に役立つベッドお役立ち情報!

ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方!

▼おすすめのベッドショップはコチラから!8千円以上お買い上げで送料が無料!

ベッドショップへ

おすすめベッド 家族 親子3人ベッド 連結ベッド

今は親子3人が1台のベッドで寝る、将来は別々に2台で寝る最適の親子3人ベッドを徹底解説

更新日:

親子3人で使うベッド選びが分かりやすい!ベッド店長が教える最適な親子ベッドサイズ!親子3人ベッドは将来を考えて選ぶ!

親子3人で寝るベッドは大きいだけじゃダメ!

★毎日、頑張って一日一日を過ごしているお父さん、お母さん!本当にご苦労様ですm(_ _)m

子供がまだ小さい、若いお父さん、お母さんにとって家族一緒に居る時間というのは、何事にも代え難い時間です。毎日、遅くまで一生懸命働いてご苦労されている年齢だと思うので、親子3人が揃うのは一日の中で何時間もないと思います。

ここで解説する大きいベッドは家族が一緒に寝れるだけでなく、休日や昼間にも親子でくつろげる癒しの空間をつくれるベッドです。

大きいベッドは決して安い買い物ではありません。そして、一生のうちで何回も買い替える家具でもありません。だから、ベッド選びに間違いがないようにしっかり選ぶ必要があります。

ココがポイント

今、みんなで寝れるベッドを大きさだけで選ぶと、将来、子供が大きくなって、そのベッドを離れた時に邪魔になる可能性があります。大きいベッドは広さが余ったままで、子供用に、もう1台買う必要があるというのは、もったいないですね。

ココからは、そうならないために親子3人が長く使えるベッドを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ご夫婦と子供3人で寝るベッドのイメージはこんな感じです。

親子に最適な連結ベッドを選ぶ

連結ベッド:ジョイントワイド280K

▲親子3人で寝れる連結ベッド。画像のベッド幅は280cmです。3人で寝るには少し広すぎるベッドですね。

店長
上の画像が連結ベッドなのですが、このベッドの仕組みをご存知でしょうか?

連結ベッド?

このベッドは連結ベッドといって2台が連結して広い面積をつくるベッドです。なので中央に2台のベッドの境目が見えます。キングサイズよりも大きいサイズを可能にします。組み合わせサイズは、ダブルとダブル、ダブルとシングルなど、多数あります。家族で寝る場合は連結ベッドを使うのが一番良い方法です。

親子で寝る連結ベッド選びで大事なことは2台のベッドの組み合わせサイズです!

ここがポイント

親子に最適な連結ベッドを選ぶ

上の画像を見ていただくと分かりやすいと思うのですが、画像のベッドはダブルベッドを2台並べた280cm幅の大きさで、3人で寝るには広すぎるベッドです。

親子3人が座っている部分が、ダブルベッドの広さです。ダブルベッドに3人寝るのは無理があるのは分かると思いますが、ダブルベッド2つを並べるのは広すぎます。

つまり、親子3人で寝る最適なベッド幅は、ダブルベッドよりも大きいベッドが必要で、なおかつ280cm幅(ダブル2つ分)も必要ないという事が分かります。

ダブルベッド < 親子3人ベッドサイズ < 280cm

では最適なベッドの具体的な大きさは?組み合わせは?
ココからが本題です!親子3人で寝る最適のベッドサイズをひとつづつ見ていきます!
店長

親子3人が寝る連結ベッド!3つの大きさと組み合わせ

・親子3人で寝る連結ベッドは将来分割できる仕組みを最大限生かす事が大事!

・親子3人に最適なサイズは240cm・230cm・220cmの3つのサイズから選ぶ!

店長
2台のベッドの組み合わせは、将来の分け方に直結します。以下に240cmの場合の簡単な例を挙げます。こんなイメージを持ってください。
親子3人ベッドの分け方解説図

▲ダブルベッドとシングルベッドがセットになった連結ベッドです。240(S+D)

ココがポイント

上記240cmの場合だと、ダブルとシングルの連結ベッドになります。連結した大きいベッドを親子3人で使って、将来は、夫婦がダブルベッドを寝室で使用。子供はシングルベッドを子供部屋で使用するというイメージです。

将来は・・・

★3つのサイズは、将来、こんな風に分けることができます。

■240cm(シングル+ダブル)・・・子供にシングル、ご夫婦はダブルベッドに。

■230cm(セミシングル+ダブル)・・・子供にセミシングル、ご夫婦はダブルベッドに。

■220cm(シングル+セミダブル)・・・子供にシングル、ご夫婦はセミダブルベッドに。

上記3つのサイズは、家族の体格を考えながら、将来のイメージを頭に描いて選ぶと失敗しにくいです!

ご夫婦がゆったり寝たい場合は、ダブルサイズが入った230cm以上がおすすめになります。大きな1台のベッドから2台に分けて、セミダブルに2人寝ると当然ながら狭く感じます。そこはイメージしながらご夫婦で話し合ってください☆次のコーナーは価格表で比較できるようになっているので、ぜひ参考にしてください!

ジョイントワイド240s+d

ジョイントワイド240 S+D 送料無料!

おすすめの連結ベッドの組み合わせと価格を一覧にします!

店長
ココで見るポイントは、将来、どう分けるかです。子供と別々に寝る日が必ずきます。その時、分けたベッドを誰が使うかという事です。

分かりやすい!親子3人に最適な連結ベッド比較表

3つのブランドの連結ベッドの価格表です。ベッド選びの参考にしてください。お勧めはコスパが良い「ワイドキング219」と「NOIE」です。NOIEにはコンセントが付いていません。それとシングル+ダブル(S+D)の組み合わせがありません。(S+D)の組み合わせはジョイントワイドにのみあります。

<マットレスはポケットコイルで統一しています>

連結ベッド【ワイドキング】219サイズ

売れ筋!
連結ベッド すのこベッド マットレス付き ファミリーベッド ワイドキング

このシリーズの場合は<219(S×SD)>がおすすめ!

シングル、セミダブルの組み合わせならこの連結ベッドがおすすめです!

家族3人に選ばれているベッド<219(S+SD)>

◎ワイドキングは機能(歪み防止・棚・コンセントあり)と価格が抜群にいい!しかし、サイズが少なく、将来を考えた3人家族向けには「219サイズ」しかお勧めできません。シングル、セミダブルの組み合わせならこの連結ベッドがおすすめです。

このベッドの現在の価格価格円(税込)

現在の在庫・販売状況;ナチュラル:販売状況、ブラウン:販売状況

主要機能;歪み防止、棚、2口コンセント、強度対策 LVLすのこ

家族にやさしい連結ベッド!⇒ ショップで詳しく見る!

連結ベッド【NOIE】主要サイズ

サイズ 税込価格 組み合わせ説明
220(S+SD) 価格 【おすすめ】こどもがシングル、夫婦がセミダブルで寝れる(⇒ショップで詳細を見る)
230(SS+D) 価格 【おすすめ】こどもがセミシングル、夫婦がダブルベッドで寝れる(⇒ショップで詳細を見る)
240(SD+SD) 価格 セミダブル2台。親子3人には不向き。子供が増える場合に適している

おすすめの230がお買い得価格!

【NOIE】Bed Shop

※棚・照明付き 送料無料!

連結ベッド【JOINT WIDE】主要サイズ

サイズ 税込価格 組み合わせ説明
220(S+SD) 価格 こどもがシングル、夫婦がセミダブルで寝れる
230(SS+D) 価格 こどもがセミシングル、夫婦がダブルベッドで寝れる
240(S+D) 価格 【おすすめ】こどもがシングル、夫婦がダブルベッドで寝れる。長く使える組み合わせ。(⇒ショップで詳細を見る)
240(SD+SD) 価格 セミダブル2台。親子3人には不向き。子供が増える場合に適している

ゆったり大きい240がお買い得価格!

【JOINT WIDE】Bed Shop

※棚・照明・コンセント付き 送料無料!

※価格は当ショップの最新の税込み価格を表示しています。しかも送料込みです。

※ノイエ、ジョイントワイドの特長は下段で簡単な説明を見れます。

店長おすすめの親子連結ベッドはこの2シリーズ!

価格にも自信あり!

当ショップで扱っている連結ベッドでおすすめの2ブランドをご紹介します。

NOIE ノイエー

連結ベッドノイエ220サイズ

棚・照明付き、カラーはホワイトとダークブラウンの2色。マットレスグレードは4種類。お勧めはポケットコイルマットレス。

主要サイズと組み合わせ

  • 220(S+SD)
  • 230(SS+D)
  • 240(SD+SD)

ノイエは、S+Dの連結ベッドがありません。あと、コンセントも付いていませんが、価格設定がジョイントワイドよりも低価格になっています。220(S+SD)、または230(SS+D)を選ぶ場合はコチラがお買い得です。コンセントは延長コードをベッド裏に這わすことで解決できると思います。

おすすめの連結ベッドの購入はこちらでご覧ください。

⇒ NOIE 220(S+SD)をショップで見る。

⇒ NOIE 230(SS+D)をショップで見る。

Joint Wide ジョイントワイド

連結ベッド・ジョイントベッド

棚・照明・コンセント付き、カラーはホワイトとダークブラウンの2色。マットレスグレードは5種類。お勧めはポケットコイルマットレス。

主要サイズと組み合わせ

  • 220(S+SD)
  • 230(SS+D)
  • 240(SD+SD)
  • 240(S+D)

ジョイントワイドは、240サイズが2種類あります。親子3人で使う場合は240(S+D)がおすすめです。コンセント付きで便利です。

シングル+ダブルの組み合わせの連結ベッドがあるのはジョイントワイドです!

⇒ジョイントワイド240(S+D)をショップで見る。

驚きの親子3人ベッドサイズ!全員がシングルベッドを使える連結ベッドがあります!

画期的!1人に1台づつ!3台連結ベッド!

3台連結ベッドで親子3人が寝ると効率的

ココがおすすめ

なんと!シングルベッドを3台連結することができるベッドが登場しました!

これなら、3台合わせて親子3人でゆったり寝れます!将来は1人1台づつ分割できます。こどもにシングルを1台、ご夫婦はツインで使ってもいいし、そのまま2台連結ベッドで使ってもよし!とても便利なベッドです!

しかも、収納、コンセント、棚付きの優れものです!

3台連結ベッドとは?

Cedric セドリック

斬新!3台連結ベッド!

親子3人ベッド!将来はひとり1台づつに分割できる!

≫≫≫ 今すぐCHECK!

 

店長
最後になりましたが、連結ベッドのメリットをまとめましたので参考にしてください。

連結ベッドが親子3人のベッドとしておすすめの理由

連結ベッドが親子におすすめの理由

  • キングサイズよりもはるかに大きいベッドがつくれる
  • ご家族の人数に合わせて大きさを決めることができる
  • ベッドの組み合わせがいろいろあって家族構成に合わせて選べる
  • 2台が同じベッドなので、高さやデザインで違和感なく使える
  • 連結ベッドは他のベッドと違ってベッド同士の隙間ができにくい。
  • 1つのベッドの大きさの最大がダブルなので、自宅や部屋の搬入もスムーズに行える
  • 将来のライフスタイルに合わせてベッドを分割して使うことができる
  • 2台並べてツイン風に使ったり、別々の部屋で使うことができる

以上で親子3人で使う最適なベッドサイズのページを終わります。長々とあった説明をここまでお読みいただきありがとうございます。お読みいただいた方皆様が、自分に合った良いベッドに出会えるように、これからもわたしたちは応援していきます!

ありがとうございます

▼おすすめのベッドショップはコチラから!8千円以上お買い上げで送料が無料!

ベッドショップへ



  • この記事を書いた人
アバター

家具・ベッド店 店長

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。ブログ内の各ページでは、ベッド選びのお役に立てるように分かりやすく画像も使いながら説明させていただいてますので、ぜひ活用ください。ベッド大好きなのですが、稀(まれ)に熱が入り過ぎて上手く表現できていなかったり、難しくなったりする部分もあります。そんな時は必要な部分だけお読みください(笑)☆みなさまが理想のベッドに出会えますように☆このブログがお役に立てれば幸いです!

-おすすめベッド, 家族, 親子3人ベッド, 連結ベッド

Copyright© ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方! , 2019 All Rights Reserved.