【失敗したくないベッド選び】ベッド選びで迷っている方に役立つベッドお役立ち情報!

ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方!

最適なベッド選び!
おすすめのベッドに出会えるヒントがココにある!

ベッドブログロゴ

◎ロフトベッド 一人暮らし

ロフトベッド 階段付が狭い部屋にこそおすすめ!

部屋が狭くてでベッドを置くことを悩んでいる方におすすめのロフトベッド 階段付!ワンルームや狭い部屋に置く最適のベッドとしてロフトベッド階段付きをおすすめします!その魅力について解説していきます!

狭い部屋を「ロフトベッド階段」で広く大きく使える

もっと部屋を広く使えないかな!!
部屋が狭いせいでベッドを使えないとお悩みの方はたくさんいると思います。

どうにかしたい

毎日狭い空間に布団を敷いて無理やり寝ているというのは何だかとても窮屈そうです。
しかしそんな生活をしなくても良い解決方法があります。

ロフトベッドで縦空間まで広く大きく使える

それがロフトベッドを使用して部屋を広く使うという方法です。

「狭い部屋にロフトベッドなんて無理」と考える方は、まず部屋の幅をメジャーなどで測ってみて下さい。思ったよりも幅は広いはずです。狭く感じるのは、家具やモノが沢山あり、それらによって部屋が占領されているせいです。さらに、この中には本当は必要のないものが沢山含まれています。思いっきって断捨離を断行してみてください!! かなりの不用品が部屋を埋め尽くしていたことに驚かれると思います。それらを全て処分(廃棄・リサイクル)すればかなりスペースが空くはずです。

そして、ここでロフトベッドの出番というわけです。部屋の中で場所を取っているものが何であれ、それらをロフトベッドの下段に収納できれば、もう狭い空間に悩まされることはないですね。

また、購入する場合はぜひロフトベッド階段付をおすすめします。階段が付いているとサイド幅が増えますが、そこにもちゃんと収納スペースが付いているんです。しかもお洒落な飾り棚のように使うことも可能です☆
部屋が狭い方は少しでも収納が欲しいはずですが、実際は階段付きのものは階段部分が収納スペースにも使えるため、細々(こまごま)としたものが片付きやすくなっています。
ロフトベッド階段付を部屋に置くだけで部屋全体がオシャレになるだけでなく以前よりも広々と眠ることができます。今までの狭い部屋での窮屈な環境が改善するなら、試してみない手はないですよね。

また、机などをベッド下に入れても作業スペースとして十分な広さがあるので、共同部屋の方には特におすすめです。その際、ベッド下にカーテンを付けてみると外部から目隠しされて、自分だけの空間という感じがより一層引き立ち、簡易プライベートルームが出来上がります。ロフトベッドを使えばルームシェアしていても個人のプライベートは守られながら快適に過ごすことができます!是非、お試しください。

引越し先が狭い部屋だったら迷わずロフトベッドを!

実家からアパートなどに引っ越す際、予算の関係などでとても狭い部屋に住まなくてはいけないという人も少なくないでしょう。もっと広い部屋を借りたいけど、そうなると家賃が、遠くに行くと引っ越し代が……と悩むところですよね。

引越しの機会にロフトベッドに

しかしそこそこ狭い部屋でも、ロフトベッドがあればかなり部屋を広々と使うことができるのです。散らかったものはすべて一箇所に集めてベッド下に収納!ベッド下に家具や棚を配置して自分流にアレンジして使うこともできます。

オススメはロフトベッド階段付で、階段の方がはしごタイプよりも安全で怪我をするリスクも大幅に下がります。そして一段一段の階段下に飾り棚のように収納ができます!

酔っ払って夜中に帰って来た時など、はしごタイプの場合足を踏み外すなどの不安がありますが、階段タイプでしたら手すりに掴まり上ればそんな心配も少ないのです。
また、引っ越した直後ならまだ物が少ない状態で組み立てることができるため、購入するなら引っ越し直後がおすすめです。可能であれば引っ越しの荷物を運ぶ前にベッドだけ先に入れて組み立てておくと、引越し作業もスムーズにできます。
ベッド下の収納ですが、人によって使い道は様々ですので、自分に合った使い方をぜひ見つけてみて下さい。

ロフトベッド階段

部屋があまりにも狭いという場合は、やはり収納として使うのがオススメで、キャスター付きの棚を並べてみたり、衣装ケースを入れてみたりすると空間を無駄なく使用できます。
部屋は狭いけど、そこまで他に物が多くない方ならソファを置いてみても良いかもしれませんね。
床が広く使えるのも嬉しい所で、友人などを呼んでも十分な広さが確保できるはずです。

ロフトベッド階段付は階段部分で安定性が増すので他のロフトベッドと比べて寝ている時の揺れが少ないのも嬉しい点です。揺れたりきしむ音が嫌という方にもおすすめできます。きしみ防止には階段付を使うこと。高さが選べるまたは調節できるのであれば低く設定する。ロフトベッド専用のマットレスを使い隙間をなくしてフィットさせることできしみが軽減できます。ロフトベッド用のマットレスもあるようなので参考にしてください。

ワンルーム物件にロフトベッド階段がおすすめ!

ワンルームにはロフトベッド!

大人の方がロフトベッド階段付を購入する際の購入理由を紹介したいと思います。
一人暮らしでワンルームに住む場合に最も多い理由が「自由なスペースを確保するため」に購入される方が多いようです。最初は広く見える部屋もモノが増えていくと一気に狭い空間になってしまいます。

ワンルームの狭い部屋

ベッドの下に空間が出来るので、そのスペースを仕事場にしたり収納スペースとして活用したり、ワンちゃん猫ちゃんのペットゲージを置いて活用している方もいらっしゃいます。
そしてロフトベッドの良い所として、突然の訪問者があってもベッドが高い位置にあるので布団などが片付いていない時でも、すぐにはバレないので少しは安心です。

ロフトベッド階段付を購入する際の注意点

ここからはロフトベッド階段付を購入する際に気を付けなければならない事を挙げてみたいと思います。

注意点も幾つかあり、気を付けたい点の1つめが高さのことです。ロフトベッドは普通のベッドに比べて階段がある関係で高さが変更できないものあります。部屋によっては高すぎて起き上がった時に頭を打つなどして困る場合もあるので、天井の高さとベッド自体に高さ調節機能があるかないかををしっかりと把握した上で購入しなければなりません。

次に強度の問題です。ベッドは毎日の寝る場所です、ぐらついていたりあまりにもギシギシしていたら安心して眠れません。階段付は骨組みが増えるのでベッドとしての強度と安定性がアップします。しかし、商品の表記で「階段」となっていても「踏み板の広いはしごタイプ」もあるので強度についてもしっかり把握した上での購入をお勧めします。

最後は各種装備です。コンセント宮付き、カーテンレール付き、パイプハンガー付きなどがあります。この辺は使用用途や好みで選んでください。
是非、ロフトベッドの階段付で心地良い空間を作ってみて下さい。

ワンルーム物件にロフトベッドで部屋を有効活用

ワンルームの物件に住もうと考えた時、頭を悩ませるのは家具の配置についてではないでしょうか。
最初はモノが少なく部屋が大きく感じてあれも置きたい、これも置きたいと思うのですが。。。

ワンルームにロフトベッドで部屋を有効活用

けれど全部置くと居住スペースが無くなってしまう…そこで、ロフトベッドはいかがでしょうか。ロフトベッド階段付を設置するのは、限られたスペースを有効活用できて大変おすすめです。デスクや本棚を配置してワークスペースを作る他、箪笥や衣装ケースを設置して大容量の収納を作るのも得意です。きっとお部屋をすっきりと見せてくれるでしょう。

ソファや観葉植物を置いて囲みを活かした癒し空間を演出しても良いでしょう。あるいは、カーテンで仕切り、趣味の物を集めた隠れ家的な空間を演出するものまた、面白いかもしれません。

また、ベッド部分は目線の高さを利用して、天井に蓄光シールを貼って楽しんでも良いでしょう。ロフトベッド階段付きをいざ購入するとなると、たくさんの種類の中から選ぶことになると思います。黒のシンプルなパイプ製フレームは、無機質なインテリアのコーディネートに最適です。逆に白のパイプ製ベッドにすると、狭いワンルームの中でも目立たず、部屋を広く感じさせてくれるでしょう。

ナチュラルな木製のロフトベッドも素敵です。自然な木の色合いは、癒しと落ち着きを与えてくれます。変わったタイプだと、スチールと木を組み合わせたものもあります。それぞれの良いところを併せ持ったロフトベッドは、あなたの部屋をお洒落な空間に変えてくれると思います。様々な種類のロフトベッドの中から、あなたの好みの一つを探してみて下さい。

※「ロフトベッド階段」の商品には、サイドに階段が付いたタイプと正面にはしごかけになっているタイプがあります。素材につては木製とスチール製がメインになっています。

新生活に!ロフトベッド階段付は狭いワンルームでの使い勝手がいい!

これから大学生になる、新社会人になる、初めて1人暮らしを始めるという人にお勧めしたいベットはロフトベッド階段付です。ロフトベッド階段付というのはベッド部分が高い位置にあり、ベットの下の空間を自由に使うことが出来るタイプでサイドや正面にしっかりとした階段が付いているタイプのモノを指します。このベットの最大の魅力は狭い部屋を有効活用し立体的に空間を演出することが出来る点と安定感です。1人暮らしとなるとワンルームという人が多いでしょうし、家具、家電など必要な商品は沢山あり配置に悩んでしまうモノです。

ですがロフトベッドを使用することで天井近くの空間も上手に活用することが出来ます。さらに高い位置にベットを置くことのメリットとしては布団をずっと敷いた状態にしても湿度が下に抜けていくのでカビが発生しにくい点が衛生的にも優れています。また敷いた状態のままの布団でも目に入りにくく、不意の来客にもだらしない印象を与えずに済みます。

またこのベットの使い勝手としては、非常に機能的で下の部分を収納スペースにしたり、ハンガーラックやタンスを置いてクロゼットにしたり、机を設置して勉強スペースや、ソファを配置して寛ぐための空間にしたりといろいろな活用方法があります。階段部分もオシャレなディスプレイに変身させることができます。

ロフトベッド階段

さらにロフトベットは価格が比較的安価なのも魅力と言えます。1番安価なモノだと20000円ほどですし、階段付ロフトベッドの相場は35000円前後から60000円程なので購入しやすい価格帯となっています。そんな風に基本的に使い勝手はいいと言えますがデメリットとしては強度と少し揺れやすい点が気になる人もいると言えます。

ですが学生期間、新社会人の期間を経て給料が上がった頃に少し広い部屋に移った際に丈夫な直置きタイプのベットに買い換えれば十分なのではないでしょうか。お部屋に合ったおすすめのロフトベッド階段付を選んでください。

※文中に価格・送料無料等の表記がある場合は執筆時のものです。必ず各ショップにて通販要領を確認ください。

ベッドブログロゴ



家族ベッドに連結ベッド!

親子3人が笑顔で寝れる最適ベッド

家族4人のベッド、親子3人のベッド、大きく広く寝るなら連結ベッドがおすすめです。2台のベッドを連結してつくるこのベッドは将来分割して使えることが大きな強みです。今買っておけば将来、長々と使っていけるベッドとなります。各家族のライフスタイルに寄り添って対応できるベッド。それが連結ベッドです。240サイズが人気です。

  • この記事を書いた人
アバター

家具・ベッド BLOG

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。ブログ内の各ページでは、ベッド選びのお役に立てるように分かりやすく画像も使いながら説明させていただいてますので、ぜひ活用ください。ベッド大好きなのですが、稀(まれ)に熱が入り過ぎて上手く表現できていなかったり、難しくなったりする部分もあります。そんな時は必要な部分だけお読みください(笑)☆みなさまが理想のベッドに出会えますように☆このブログがお役に立てれば幸いです!

-◎ロフトベッド, 一人暮らし

Copyright© ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方! , 2019 All Rights Reserved.