【失敗したくないベッド選び】ベッド選びで迷っている方に役立つベッドお役立ち情報!

ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方!

最適なベッド選び!
おすすめのベッドに出会えるヒントがココにある!

子供部屋ベッド

ベッドブログロゴ

◎ロフトベッド

子供部屋に最適のロフトベッドとは?

子供用にロフトベッドを選ぶときのポイントや注意点を解説!ベッドの仕様や高さなどに配慮して安全なベッドを選びましょう!

子供に最適のロフトベッドの高さは?

ロフトベッドにはいくつかの高さがあります。
どれが子供用のベッドとして最適でしょうか。

●ハイタイプ・・・おすすめできません。落下などの事故やけがのリスクが増えます。
●ミドルタイプ・・・ハイタイプとロータイプの中間くらいの高さです。勉強机が入る高さが人気です。子供用に一番選ばれている高さです。(メーカーによってはロータイプのモノがあります。)
●ロータイプ・・・主にベッド下は収納になります。安全性の高いロフトベッドになります。
●高さ調整タイプ・・・長く使う場合に最適です。部屋の使用用途に合わせて調整が出来て便利です。

ロフトベッド3タイプの高さの特徴を説明します
ロフトベッドの高さ調節と最適な高さについて

続きを見る

子供に最適のロフトベッド選び

子供に最適のロフトベッド選び

ロフトベッドといえば子供にとっては憧れの家具の1つとなるでしょう。
ベッドの下のスペースはちょっとした基地の様な感じがしてワクワク感が生まれるのも購入理由にある事でしょう。そしてロフトベッドに階段付であれば、その階段の先にあるベッドも秘密基地の様な感じがあり、寝るのが楽しみになる事でしょう。

子供に最適のロフトベッド選びのポイント

●なるべくハイタイプを避ける
●高さが変えられるタイプを選ぶと成長過程に対応できる
●ベッド周りはしっかりとした高さのある柵や長めのサイドガードがあることが望ましい。階段付であればサイドに空白が生まれないのでおすすめです。
●細いはしごタイプよりも踏み板の幅広のタイプまたは手すりがある階段付が安全です。
●スチールよりも温もりを感じられる木製の方がおすすめです。
●揺れるのが不安という子供のために揺れの少ないロフトベッドも選択できます。
●ベッド本体またはカラー選びを子供に参加させることで購入後の愛着が湧き大事に使ってくれる。

木製ベッドは強度が高い

▲柵やサイドガードがしっかりしていると安心感がグッーとアップします。

子供用にはロフトベッド階段付きがおすすめです!

ロフトベッドは限られたお部屋の空間をより快適に使うのに最適です

ロフトベッド階段付きのメリットはいくつもあります。まず広さが限られているお部屋の空間を最大限に有効に使えるのでロフトベッドの設置は非常に理にかなっていると言えます。例えば標準的な子供部屋のサイズである6畳から8畳程度のお部屋の場合ですとベッドと勉強机や本棚などを部屋の中に置く場合には、かなりの場所を取ってしまいますから、いわゆる遊びの空間がほとんどなくなってしまうことになります。

子供用にはロフトベッド階段付きがおすすめです

限られた広さであるからこそ少しでも有効に使いたいと考えるのは当然です。こういった時こそロフトベッド階段付きの出番なのです。ロフトベッドは言ってみれば勉強机や本棚とベッドが一体化したデザインなので場所を無駄にしないのが大きなメリットです。すっきりとした一体型なので部屋が広く見えますし、何よりも自由に使える床面積がぐんと広がりますからテーブルを置いたりして自由にくつろげるスペースが出来上がるのです。階段があることで前面のスペースを確保できます。

ロフトベッドは高さがあるので上り下りするのが大変だと考える人もいるかもしれません。しかし大抵のロフトベッド本体には前面の端っこの方にはしごや階段が付いているので小さなお子さんでも安全に登ったり降りたりすることが出来ます。サイドに階段が付いているタイプはベッド自体のフレームとは別に手すりをしっかり掴むこともできるので安全性や安定性がありますからとても安心な設計になっています。これらのメリットを総合的に考慮すると、やはり子供部屋にはロフトベッドの階段付がいかにぴったりであるかがおわかりになると思います。もちろん子供だけでなくシングルの方のワンルームにも抜群の使い勝手の良さを発揮することは間違いありません。

※「ロフトベッド階段」の商品には、サイドに階段が付いたタイプと正面にはしごかけになっているタイプがあります。

こどもの成長に合わせて高さ調節のできるロフトベッドがいい

お子様の成長に合わせて高さ調節のできるロフトベッドはいかがでしょうか

ロフトベッドは狭い空間を最大限広く使うのにとても適したものですが、お子様が使用するには何だか不安と考えるお母様も多いかもしれませんね。
高さが大人の身長よりも高いベッドを小さなお子様に使わせるのが心配というお気持ちはよくわかります。
だったら高さ調節のできるロフトベッドはいかがでしょうか。
お子様がまだ小さいうちは低くして使用し、ある程度大きくなったらベッドの高さも上げていくのです。

お子様も成長していくとどうしても何だかんだと部屋のものが増えてしまいます。
そんないざという時に高さ調節をして、ベッド下の大容量スペースが使えるというのはとても頼もしいものです。
ロフトベッド階段付なら高さを最大にしても安全にベッドの上に上がることができますし、階段部分も工夫次第で収納スペースとして確保できるのでとても便利です。
また、ロフトベッド階段付とはしごタイプではその安定性も違ってきますし、少しでもお子様に安心感を与えたいのでしたら階段タイプを選ぶのがベストではないでしょうか。

ロフトベッドは通気性も高く、普通のロータイプのベッドのようにカビの心配が殆どないのも嬉しいですよね。
今はおしゃれなものも多く、お子様が大人になってもずっと使えるような良いものが沢山あります。
また、お子様が自立して家を出るという場合にはベッド上も収納スペースとして使うことも可能ですし、ベッド一つで収納力がこんなにも大幅にアップするのは助かりますよね。

階段付きのロフトベッドは兄妹にもおすすめ

お子さんにおすすめの階段付きのロフトベッドは兄妹にもおすすめです。

お子さんが多い家庭の場合、一人一人にベッドを与えるのは難しい場合もありますよね。
しかしロフトベッドであれば、ベッド下に机などを置けるため一つの部屋に2つ置いてもかなりスッキリと使えます。
例えば二段ベッドを使用する場合は、ベッド+机2つ分のスペースが必要になりますが、ロフトベッドを2つ用意するとベッド2つ分のスペースだけで済み、尚且つ他のちょっとした家具も机の横に置く余裕すらあります。
こう考えるとロフトベッドの収納力の高さや利便性がわかるのではないでしょうか。
また安全性を気にする親御さんにはロフトベッド階段付をおすすめしたいと思います。
はしごタイプに比べとても安全で頑丈な作りになっているため、小学生くらいのお子さんにでも安心して使わせてあげられるでしょう。

階段付きのロフトベッドは兄妹にもおすすめ

また同じ部屋に兄弟で二人一緒にいると、例え子供でも一人になりたいと考える時があります。
そんな時にベッド下にカーテンがついていれば、机に座っている時は外と隔てた空間で過ごせるため勉強や読書もはかどるものです。
勉強中でも兄弟が遊んでいると自分も遊びたくなりますが、そんな時に1人になれれば気にせず自分のペースで作業できるのです。
また、広めのワンルームなどの場合でもカーテンのあるベッドなら一人の空間に入ることで家族の行動に気が散ることもなくなるでしょう。また子供の成長環境を考えるとスチール製よりも木目が見える木製のベッドの方が人間味がありおすすめです。
安全性の高いロフトベッド階段付で、もしかしたらお子さんの勉強の効率もアップするかもしれませんよ。

≫楽天 ロフトベッド木製特集

※文中に価格・送料無料等の表記がある場合は執筆時のものです。必ず各ショップにて通販要領を確認ください。

ベッドブログロゴ



家族ベッドに連結ベッド!

親子3人が笑顔で寝れる最適ベッド

家族4人のベッド、親子3人のベッド、大きく広く寝るなら連結ベッドがおすすめです。2台のベッドを連結してつくるこのベッドは将来分割して使えることが大きな強みです。今買っておけば将来、長々と使っていけるベッドとなります。各家族のライフスタイルに寄り添って対応できるベッド。それが連結ベッドです。240サイズが人気です。

  • この記事を書いた人
アバター

家具・ベッド BLOG

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。ブログ内の各ページでは、ベッド選びのお役に立てるように分かりやすく画像も使いながら説明させていただいてますので、ぜひ活用ください。ベッド大好きなのですが、稀(まれ)に熱が入り過ぎて上手く表現できていなかったり、難しくなったりする部分もあります。そんな時は必要な部分だけお読みください(笑)☆みなさまが理想のベッドに出会えますように☆このブログがお役に立てれば幸いです!

-◎ロフトベッド

Copyright© ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方! , 2019 All Rights Reserved.