【失敗したくないベッド選び】ベッド選びで迷っている方に役立つベッドお役立ち情報!

ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方!

最適なベッド選び!
おすすめのベッドに出会えるヒントがココにある!

ロフトベッド選び

https://bed-blog.kaguii.net

ベッドブログロゴ

◎ロフトベッド おすすめベッド

ロフトベッド 階段付が便利でおすすめの理由

このページではロフトベッド階段付きの魅力や便利さ、おすすめの理由をっ徹底解説しています!ロフトベッド買うなら階段付きがおすすめです。

使い方いろいろおすすめのロフトベッド階段付き

このページではイメージしやすいように階段付き ロフトベット 【RESIDENCE-レジデンス】を例にとって説明していきます。

RESIDENCE-レジデンス

安定感のある階段付きで上り下りがさらに快適なロフトベッド!
ハイタイプ・ミドルタイプに高さ調整切り替え可能!
うれしいコンセント付きの宮棚付き! 50mm以上の極太パイプを採用でさらに安心・安全!
カラーは選べる4色展開!(品切れもあります。)

おすすめ!ロフトベッドを購入するなら階段付きのものがベスト

部屋が狭かったり物が増えてきた場合、スペースの確保をするために一番良いのは何でしょうか?やはりベッドをロフトベッドにするのが一番の近道だと思います。

ロフトベッド階段

特にロフトベッド階段付のものがおすすめです。

階段が付いているメリットですが、はしごタイプのものは落下事故の危険性がありますが、階段であればそんな心配はご無用です。特に夜は真っ暗で何も見えない状態ですので、安全な階段がついているもののほうがどなたにでもオススメできるのです。

ロフトベッド階段付はこんな方におすすめです!

●子供にも安心して使える
●はしごが苦手な方。はしごよりも昇る力は必要ありません。
●安定感のあるロフトベッドが欲しい。
●インテリア性も大事!階段部分は飾り棚や見せる収納にもなります。

ご使用になる方が若いお子さんだったり、ある程度高齢の方という場合もロフトベッド階段付のメリットが最大限に発揮されます。
はしごタイプはある程度の力がないと昇るのも大変で、またお年寄りには大きな負担になってしまいます。階段タイプであれば通常の階段と同じように手すりにつかまりながら上り下り出来るので、安心して夜中でもトイレに起きることも出来るのです。

ロフトベッド階段付きの安全性

またロフトベッド階段付のメリットの一つとして、階段部分に物が収納できるというのもあります。
簡易棚のような使い方になりますが、収納ボックスを足の届かないスペースに置いたり、また始めから収納ボックス付きのものもあります。少しでも多くの収納が欲しい方には、階段裏のスペースはとても重宝すると思います。

通常のロフトベッドよりも側面に階段があることでベッドそのものの安定感が増します。万が一の地震なんて時も慌てずベッドから下りることが出来ます。当店では揺れに強いロフトベッドも販売しています。

安全で安心、収納スペースまで確保できるロフトベッド階段付は本当に便利でおすすめです。

階段付きロフトベッドがおすすめの理由!

10個のおすすめポイント

●階段付だからベッドを支える骨組みが多く安定性が良い
●階段は手すりが付きで子供にも安心の昇り降り
●階段部分はお洒落なインテリアスペースとしても使える
●ロフトベッドトップクラスの極太50mm以上のパイプ仕様で強度アップ
●ベッド下はメッシュ床で通気性抜群!そのまま敷いていても湿気にくい
●ハイ&ミドル 高さが変えられる!いろんなお部屋に対応できる
●他のベッドよりサイドガードが長く寝相が悪くても安心
●ハンガーパイプが付いているので洋服の多い女性にも最適
●棚付き・コンセント付きでベッドエリアも快適
●カラーは選べる4カラー(パイプベッドはカラーがある)

ロフトベッド 階段付き レビュー1

(20代女性)ロフトベッド 階段 RESIDENCE-レジデンス:シルバー

一人暮らしをしているマンションの部屋が狭いため、ロフトベッド階段付を使用しています。
レジデンスの使い勝手としては、やはりベッドの下にたくさん物が収納できるため部屋のスペースを有効に活用できる点です。
荷物を収納しているところにはカーテンを付ければ見ため的にも気になりませんし、すっきりして見えます。 そして友人を家に呼んだ時も広々とスペースを使うことができます。何よりロフトベッドでなければ部屋の大半を布団が占めることになるため、助かってます。

肝心の寝心地としては、天井が高い分、最初は少し圧迫感を感じました。 私は今ではもう慣れましたが、やはり使い始めて最初のうちは違和感を感じると思います。高さがちょっとこわいなと思ったらミドルサイズにすればいいと思います。(レジデンスは高さ2段階調節可能ベッドです)

そして、夏はやはり暑いです。これはロフトベッド唯一のデメリットです。 扇風機の風は届かないため、窓を開けて寝るかエアコンを使う必要があります。 私は夏の間は必ず窓を開けて寝ていました。 住んでいた部屋は比較的高層階だったため、窓を開けて寝ても防犯面での心配はなかったのが幸いでしたが、夏の暑さ対策はしっかりと考える必要があると思います。

ロフトベッドの暑さ対策

この問題の解消法!暑さ対策!おすすめの方法は、頭の部分に宮付きのパイプ部分にクリップ式の扇風機を付けることです。ベッドにコンセントも付いているので取り付けと運転が簡単快適です。是非、試してみてください。

涼しい地域に住んでいる人や、空調設備が整った部屋に住んでいる人にはあまり気にならないポイントかもしれません。 またロフトベッドのデメリットとしてハシゴの昇り降りが面倒くさいと言う方もいますが、ロフトベッド階段付きは昇り降りが楽ですし、使い勝手も良いと思います。階段が付いていないタイプよりも安定感が抜群にいいです。

地震がコワイけど荷物が多いのでロフトベッドを使いたい人にも階段付ロフトベッド「レジデンス」はおすすめです。お腹くらいの高さ(ミドルサイズ)にすれば安定感はさらに良くなると思います。

女性限定ではありますすが、ネイルをする時なんかには腰掛けることもできますし、うまく使えばメリットが多いです。ロフトベッド階段付はおすすめです。

ロフトベッド 階段付き レビュー2

ロフトベッドを階段付のものに替えたら寝心地が良くなりました

以前まで普通のパイプ製ではしごタイプのロフトベッドを利用していましたが、夜寝返りを打つと必ずギシギシと音を立てて揺れるのが気になっていました。
これはあまり寝心地が良いとはいえず、失敗したなあと反省していました。

家族で引っ越しをすることになり、相変わらず部屋が狭いため妹と同じ部屋だったのですが、妹が「ロフトベッド階段付のものを買おう!」とすすめてきたので私もそれに買い替えをすることになりました。狭い部屋にロフトベッドは最適です!

ロフトベッド階段
ロフトベッド 階段付が狭い部屋にこそおすすめ!

続きを見る

ネットでの評判がよく、見た目もスタイリッシュなものを選んだのですが、驚いたことに以前のものと比べて明らかにギシギシ言わなくなり、寝心地も良くなりました。
選ぶ時に「揺れない」「頑丈」というキーワードを重視したのが良かったと思うのですが、階段の存在も強度を上げてくれてるのだと実感しました。とてもおすすです!
同じパイプ製のものでもこんなに違うのかと目からうろこです。

ロフトベッド階段付の良い点はこれだけではなく、以前使用していたものははしごタイプだったのですが、気が付かないうちにはしごがズレている時があるんですよね。
誰かがぶつかったか何かしたんだと思うのですが、そのまま上ろうとすると危ないことこの上ありません。一度ぐらついて本気で怖い思いをしました。

その後は必ずはしごがしっかりかかっているかを確認しながら使用するようになりましたが、階段タイプではそもそもこんな余計な心配もないのです。
しっかり足を踏みしめながら階段を上れるってすごい安心感ですよ。ちゃんと手すりがついているものを選ぶことで安心感は更に増します。
今ではロフトベッド階段付を購入してよかったと心から満足しています。

階段付ロフトベッドを購入した理由例

スペースを有効に活用することができ、オシャレなものも多くなってきたことから、近頃人気のロフトベッド階段付きのレジデンスを購入しました!

私の、ロフトベッドの購入理由と選び方をご案内します。
なぜロフトベッドを購入しようと思ったかというと、なんと言ってもスペースの有効活用が出来るからです。現在、ロフトベッドは、かなり多くの種類があり、ベッド下のスぺースに、デスクが付いているもの、収納棚が付いているもの、ソファがあり、リビングスペースになっているものなど、多種多様です。

生活の中で、何を優先するかによって、下のスペースの使い方が変わってくると思いますが、私は元々家具やモノが多いので下の空間を自由に使えるレジデンスを選びました。ゆったりくつろげるソファが欲しいけれど、スペースがない、という方にとてもオススメです。狭い部屋だと、どうしてもベッドが寝床兼ソファのようになりがちですが、しっかりと区別できることで、生活が潤います。また、友人が来た時に、自分はソファに寝て、友人にはベッドを提供できます。

もう一つの購入理由は、階段部分のデザインがスタイリッシュだったからです。近頃のロフトベッドは、パイプ製や木製のものなどさまざまな素材があり、デザインもアンティーク調に塗装してあったり、無垢の木を使ってナチュラルな雰囲気のものなど、たくさんあります。目指したいインテリアにあったものが見つけやすくなっています。私の場合は階段部分を飾り棚として使えるレジデンスを選びました♪

購入者のアドバイス

購入にあたっての選び方ですが、ロフトベッドの場合、強度は最重要ポイントです。毎日昇り降りしますので、すぐに壊れてしまっては、元も子もありません。階段やはしごがしっかりしているか、可能であれば揺れを確かめる、実際に昇ってみると良いでしょう。インターネットで購入する場合は、購入者やモニターさんのレビューなどをきちんと確認すべきです。あとは、梱包サイズや送料、配送方法なども確認しましょう。大きい家具はエレベーターやラセン階段、狭い玄関の場合は入れないことがあります。
使いこなすことができれば、とても便利でオシャレなロフトベッド。とてもおすすめのベッドです。

ロフトベッドお役立ち情報

ロフトベッドにはこんな機能がついているものがあります

人気が高く良くチェックされているのは「宮付き・コンセント付き」です。とりわけ女性に好評なのは「ハンガーパイプ付き」と「カーテン付」です。洋服が多い女性にはとてもありがたい機能のようです。
一番おすすめなのはサイドに手すりがある階段が付いたロフトベッドです。自分に合った機能を選んでください。商品レビューでも高い評価のようです。関連ページ「女性におすすめロフトベッド」「男性におすすめのロフトベッド」もロフトベッド選びの参考にしてください。

ロフトベッドは高さで選びたい!に応えてくれるベッド!

ロフトベッドの高さは「ハイタイプ」と「ロータイプ」がメインです。そのほかに高さを調節できる「ハイ&ミドル」などがあります。使う環境や使う人によって最適なモノが選べるようになっているんですね。多くあるベッドのカテゴリーでもこんなに高さが調節できるベッドはロフトベッドくらいです。高さに関しては「ロフトベッドの最適な高さ」のページもご覧ください。

安全性を考えたロフトベッドとは?

ロフトベッドは高さがあり通常のフロアベッドと比べると安定性が気になります。揺れやきしみが気になる方も多いと思います。子供用に使うロフトベッドは特に気がかりになると思います。現在販売されているロフトベッドの多くは以前の商品よりも大幅に強度補強されているものがほとんどです。

パイプベッドでは直径が50mm以上の極太パイプを使う商品が標準化されつつあります。木製は支柱を角材にすることで安定性を飛躍的に改善しています。他にも安全性のことについては「ロフトベッドの安全性について」のページのも詳しく説明していますので参考にしてください。良いアドバイスが出来たら幸いです。

ロフトベッドは安全かつ昇降しやすい階段付がおすすめ

ベッドはインテリアの中でも特に部屋のスペースを必要とします。特に狭い部屋で生活している場合は、ベッドの大きさに注意しなければなりません。

しかし、ロフトベッドを使用すれば、部屋のスペースを有効に活用できるのでおすすめです。ロフトベッドはベッドの下にスペースを作れる為、ベッドひとつ分まるまるのスペースを活用できます。

よくベッド下のスペースで使われるのはテレビ台やパソコンデスク、さらにソファーの設置といったところでしょうか。
部屋にクローゼットが無い場合はハンガーパイプを通して洋服の収納にも活用が出来ます。ベッド下に洋服を収納することで、起床してベッドを降りたらすぐに着替えられるので、効率的に動きたい方にもおすすめです。

カーテンを取り付けて隠れ家のような雰囲気のスペースを作成する事も出来ます。ロフトベッドは梯子(はしご)または階段で昇降するのですが、ロフトベッド階段付は梯子と比べても安全に昇降しやすい構造となっており、梯子の苦手なお子様にも扱いやすいです。また、安価なロフトベッドは地震発生時の揺れを強く感じたり、梯子の質が悪く昇降しづらい物もありますが、ロフトベッド階段付の多くはロフトベッド梯子付と比べて階段分のスペースを余分にとっているので、耐震構造に長けています。

製品によっては階段の下にも収納可能なスペースを設けている物があるので、ベッド下のスペースだけでは収納が足りないという方であれば、階段の下に収納が可能な「階段付」を選ぶと良いとおもいます。梯子より階段の方がインテリアとしても豪華に見えるので、見栄えの面でも階段付きがおすすめになります。

狭小住宅でも「ロフトベッド階段」で自分だけのスペースを確保

狭小住宅やワンルームにお住まいの方は、なかなか自分だけのスペースが持てなくてお困りではないでしょうか。
部屋が狭いということは一人になれる時間も少ないため、何かに集中したりということに向きません。
そんな自分のスペースが欲しいという方には是非ロフトベッド階段付をおすすめします。
部屋が狭いと勉強や仕事をしたくても、家族の目が気になりますよね。

家族は「別に気にしないからそこでやっていいよ」と言うかもしれませんが、なかなか集中できるものではありません。
そんな自分の居場所を求めている方にはロフトベッド階段付がどれほど便利か是非お試しいただきたいです。
何が便利かというと、とにかくベッドの下は自分だけの空間にすることができるのです。
自作のカーテンをつければ誰の目も気にならず、作業だって集中してできるようになるのです。

また、読書などもゆっくり一人で楽しみたいものですよね。
そんな時もロフトベッドの下はとても落ち着きます。小さいマイルームのようです。
どんなに狭くてもベッドを置くスペースくらいはあるでしょうし、今自分が使っているスペースに置いてあるものを全部ベッド下に入れてしまえば何も問題はありません。
今まで他の家族に遠慮して何もできなかった方は、この機会に是非自分だけの空間を手に入れて下さい。

また階段がついているため、ちょっとした物を収納できますし、はしごは怖いという方でも安心して使用できます。
こんなにも便利なロフトベッド階段付は、安全性も高くどなたにでも自信を持っておすすめできるといえます。
関連ページ「ワンルームにこそロフトベッド階段」のページもご覧ください。

※文中に価格・送料無料等の表記がある場合は執筆時のものです。必ず各ショップにて通販要領を確認ください。

ベッドブログロゴ



家族ベッドに連結ベッド!

親子3人が笑顔で寝れる最適ベッド

家族4人のベッド、親子3人のベッド、大きく広く寝るなら連結ベッドがおすすめです。2台のベッドを連結してつくるこのベッドは将来分割して使えることが大きな強みです。今買っておけば将来、長々と使っていけるベッドとなります。各家族のライフスタイルに寄り添って対応できるベッド。それが連結ベッドです。240サイズが人気です。

  • この記事を書いた人
アバター

家具・ベッド BLOG

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。ブログ内の各ページでは、ベッド選びのお役に立てるように分かりやすく画像も使いながら説明させていただいてますので、ぜひ活用ください。ベッド大好きなのですが、稀(まれ)に熱が入り過ぎて上手く表現できていなかったり、難しくなったりする部分もあります。そんな時は必要な部分だけお読みください(笑)☆みなさまが理想のベッドに出会えますように☆このブログがお役に立てれば幸いです!

-◎ロフトベッド, おすすめベッド

Copyright© ベッド店 店長が教える あなたにピッタリのひとり暮らし、家族用ベッドの探し方! , 2019 All Rights Reserved.